1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 内科系診療部門 心療内科

内科系診療部門 心療内科

内科系診療部門 心療内科

心療内科の関連ページ


医師紹介

  • 芦原 睦/Mutsumi Ashihara

    心療内科部長 芦原 睦/Mutsumi Ashihara( あしはら むつみ )

    専門分野
    心療内科、リウマチ・膠原病領域の心身医学 メンタルヘルス、交流分析、自律訓練法
    専門医
    • 日本心療内科学会 心療内科専門医・登録指導医
    • 日本心身医学会  心身医療「内科」専門医・指導医
    • 日本内科学会 認定医・指導医
    • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
    • 日本自律訓練学会 認定医・自律訓練法専門指導医
    略歴
    • 昭和58年 藤田保健衛生大学医学部大学院入学
    • 昭和62年 藤田保健衛生大学医学部大学院卒業
    • 昭和56年 藤田保健衛生大学病院
    • 平成 2年 労働福祉事業団中部労災病院 内科、心療内科
    • 平成10年 勤労者メンタルヘルスセンター長、心療内科部長
心療内科に進んだ理由
現代医療の多くは心と体で診療科が分かれています。身体の疾患は外科や内科に、心の病気は精神科に。でも私は、「心」 と「体」は密接に関連していると考えているので、二つを分けない心身医療の道に進みました。例えば、胃潰瘍は胃の病気ですが、単にそれだけでなく、患者さ んの生活環境も大きく関係していることがほとんどなんです。ですから患者さんの「心」も診ないと全人的医療にはならないんですね。私は、そういう心と体を 分けない医療を専門にする医師になりたくて心療内科に進みました。
医師として心がけていること
ある日、他の病院で身体疾患の治療を受けても回復しないという女性が私のもとを訪れました。話を聞いてみると大きな悩み を抱えていることがわかり、彼女の立場になってアドバイスをしました。すると、少しずつ快方に向かっていったんです。心療内科医は、どちらかというと「心 の医療」の比重が大きいかもしれません。ですから患者さんの私に対する信頼が揺らいでは決してならない。そのためにも、患者さんにとって一番良い医療を行 なうという強い信念を持って、患者さんに接するように心がけています。
私が考える「健康法」
「笑うこと」と「眠ること」が健康になる秘訣でしょう。「笑い」はあまり医学と関係ないんじゃないかと思われるでしょう が、心の健康にとっては大事ですね。私の患者さんにも、テレビで「お笑い番組」を観なさいとお勧めしているくらいです。あとは、よく眠ることですね。規則 正しい生活を心がけ、睡眠を多く取ることが健康を維持する一番の方法だと思いますよ。
医療に対する考え、想い
複雑化する社会の中で、医療のあり方についてもっと考えていくことが大切ですね。診察をして疾患名を伝え、必要ならば検 査を行ない、薬を処方する。これが一般的な方法です。しかし心身の疾患は、それだけでは快方に向かわないこともあります。大切なことは、患者さんのストレ スの原因をつきとめて、今後どうしていくかをじっくりと話し合うことなんです。心療内科の本質はここにあります。程度の差はあっても、多くの方がストレス を抱えている、これが現代社会でしょう。ですから、病気の部位だけで診療を完結させない、心と体を統合した医療がもっと必要だと思いますね。

一覧に戻る

心療内科の関連ページ

ページの先頭へ