1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 治療就労両立支援センター

治療就労両立支援センター

概要・病院情報・沿革

中部ろうさい病院「治療就労両立支援センター」
 (旧「勤労者予防医療センター」)

これまでの「勤労者予防医療センター」においては、主に個々の勤労者を対象とした疾病の発症予防や増悪の防止に関する個別指導、講習会等を開催する等の予防医療活動の展開により、勤労者に対する過労死予防等の推進を図ってきたところです。

しかし、定年制の延長等による勤労者の高年齢化の進展に伴って高い疾病罹患リスクを抱える勤労者や、医療技術の進歩も相まって治療を受けながら就労する勤労者が増加する見込みであることから、勤労者の疾病の予防(一次予防)や増悪の防止(二次予防)、更には疾病の治療と就労の両立支援(三次予防)への更なる取組が求められています。

このため、「勤労者予防医療センター」は、個々の勤労者に対する予防医療活動を展開する組織から、一次・二次・三次予防策が全国の勤労者や事業場に広く行き渡るよう指導手法等の調査研究を重点的に行い、勤労者の健康確保と福祉の増進により強く貢献していく組織に改編することとされ、以下のとおり組織名称の変更や業務内容の見直しを行うことといたしました。

  1. 組織名称の変更について
    「勤労者予防医療センター」の名称を平成26年4月から「治療就労両立支援センター」に変更いたしました。
  2. 業務内容の見直しについて
    従前の疾病の予防(一次予防)や増悪の防止(二次予防)に関する予防医療活動に加え、疾病の治療と就労の両立支援(三次予防)については、平成26年度からは「糖尿病分野」における治療就労両立支援の実践に取り組んでまいります。

ページの先頭へ