1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 関連部門 薬剤部

関連部門 薬剤部

その他の診療部門 薬剤部

薬あるところに薬剤師あり 顔の見える薬剤師を目指して

 薬剤部では、処方せん調剤だけではなく、病棟でも医師、看護師などのスタッフと協力して、患者さんが安心できる質の高い医療を提供しています。薬について、わからないことやご不安なことがありましたら、当院の薬剤師が誠意を持ってご相談に応じますので、お気軽に薬剤部窓口までお越しください。


■薬剤部の理念 ■学会認定施設
■調剤業務 ■薬剤管理業務
■チーム医療への参画 ■医薬品情報業務
■治験管理業務 ■薬学生実務実習への取り組み
■資料のダウンロード

薬剤部の理念

「医薬品の適正使用推進による疾病治療の支援」

(1)患者さんのお薬に関する安全性を担保する「ジェネラリスト」としての役割

 医療機能が分化し、多くの患者さんが複数の医療機関を受診しています。また、ジェネリック(後発)医薬品の使用が進むなか、正確な薬歴(薬の使用歴)を把握するには薬剤師の関与が欠かせません。薬剤部では、すべての入院患者さんに対し、入院前に使用していた薬を調査するとともに、「おくすり手帳」や「薬剤情報提供書」を活用して、かかりつけ医や保険薬局との情報共有に取り組んでいます。

(2)専門知識を持つ薬剤師の「スペシャリスト」としての役割

 各病棟に配置された専任薬剤師が、感染制御、がん薬物療法、栄養支援、糖尿病療養指導、腎臓病薬物療法や集中治療領域などの分野で医療スタッフと協働しながら安全で質の高い薬物療法を提供しています。現状に満足することなく「常にベストは何か」を探りながら業務に取り組んでいます。

ページの先頭へ


学会認定施設

 日本医療薬学会 認定薬剤師研修施設

 日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設

 日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修施設

ページの先頭へ


調剤業務(内服薬・外用薬・注射薬・院内製剤)



 当院では、院外処方せんの発行を推進しています。このため、入院患者さんの調剤が主となります。調剤とは単に薬を取りそろえるだけではなく、患者さん一人ひとりにあった量、飲みあわせなど、患者さんが安心して服用できるように処方内容を確認しています。当院では「おくすり手帳」の利用を推進していますので、ぜひご活用ください。また、注射薬自動払出システムなどの最新機器を導入して、より安全な調剤を目指しています。

 食事が摂れない患者さんに対しては、栄養を含んだ点滴を無菌的に調製し、抗がん剤の調製は安全キャビネット内で正確な調製を行うとともに医療スタッフの安全を確保しています。

ページの先頭へ


薬剤管理指導業務

薬剤管理指導1 薬剤管理指導2
薬剤管理指導3

 病棟担当薬剤師は、入院患者さんがより安全で適切な薬物治療を受けられることを目指して日々業務に取り組んでいます。患者さんとの面談により治療方針に合わせた薬の飲み方や相互作用などを説明するだけでなく、薬に対する疑問に応え、副作用のモニタリングやより効果的な処方提案を行っています。

ページの先頭へ


チーム医療への参画

 高度な先進的医療を推進するために、医療スタッフにも専門的知識が必要とされています。それぞれの専門性を活かし、協力して患者さんの治療にあたることで医療の質が向上します。また、安心、安全、良質な医療を提供するため、各医療スタッフが垣根なく活動することも必要です。当院の薬剤師は、感染制御チーム、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、糖尿病サポートチームなどに積極的に参画し、専門性を活かしてチーム医療の一翼を担っています。


チーム医療1 チーム医療1

患者さんとの学びの場(腎臓病教室、糖尿病療養指導)

 医師、看護師、臨床工学技士や管理栄養士など他職種とともに、腎臓病教室や糖尿病療養指導を開催しています。薬剤師は、服薬の意義、副作用及び服用上の注意点などを説明し、患者さんの薬に対する理解を深め、より良い生活を送るための教育や支援を行っています。

ページの先頭へ


医薬品情報業務

医薬品情報業務1
医薬品情報業務2 医薬品情報業務3

 当院では約1,800品目以上の医薬品を管理しています。また、世の中には膨大な数の薬が市販されており、新しい薬も毎年発売されているため、医薬品に関する情報を、迅速かつ正確に入手する必要があります。医薬品情報室では、情報誌の発行を通して院内に向けて情報発信したり、副作用情報などを集積し、医療スタッフや患者さんからの「薬に関する問い合わせ」に対応するなどチーム医療に貢献しています。

ページの先頭へ


治験管理業務

 新しい「くすり」が、世の中に送り出される過程の中でヒトを対象とした臨床試験(「治験」)は、「くすり」の有効性、安全性を調べるうえで必要不可欠なものです。日頃、私達が何気なく飲んだり、塗ったりしている薬も、すべて「治験」という過程を経ています。病院薬剤師はその厳格なルールに則り、安全かつ適切な治験が実施されるようにサポートを行っています。

ページの先頭へ


薬学生実務実習への取り組み

薬学生

 薬剤部では、県内外薬科大学の薬学生実務実習を受け入れています。病院薬剤師の業務と責任を理解し、基本的知識、技能や姿勢を学ぶため、2ヵ月半の間、実習を行います。調剤業務や病棟業務だけでなく、チーム医療における薬剤師の役割を体験してもらえるように実習環境を整え指導を行っています。


ページの先頭へ


薬剤部スタッフ

薬剤部長

薬剤部長

河井 良智(かわい よしとも)

【資格】 日本医療薬学会 認定薬剤師

     日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師

     日本病院薬剤師会 精神科薬物療法認定薬剤師

     日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師

     日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師




薬剤副部長

薬剤副部長

重共 孝一(しげとも こういち)

【資格】 日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師

     日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師

     日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師




主任薬剤師1

主任薬剤師

中田 吉則(なかた よしのり)

【資格】 日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師

     日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師

     日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師




主任薬剤師

主任薬剤師

中根 茂喜(なかね しげき)

【資格】 日本医療薬学会 指導薬剤師

     日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師

     日本医療薬学会 がん専門・指導薬剤師

     日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師

     日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師




専門・認定薬剤師などの取得状況
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 2名
認定NST専門療法士 2名
糖尿病療養指導士 3名
日本腎臓病薬物療法学会 認定薬剤師 1名
日本緩和医療薬学会 認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 精神科薬物療法認定薬剤師 1名
日本医療薬学会 指導薬剤師 1名
日本医療薬学会 認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年) 12名(11名)
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 3名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 7名
博士(薬学) 1名


資料ダウンロード

疑義照会フォーマット(PDF) 名古屋南部統一吸入指導箋(エクセル)
経口抗がん剤説明依頼・結果報告書(PDF) 経口麻薬説明依頼・結果報告書(PDF)

ページの先頭へ