1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 看護部
  3. 病棟紹介

病棟紹介

看護部

  • 8西病棟

    泌尿器科、腎臓内科、リウマチ・膠原病科

    写真:8西病棟 当病棟は、急性期から慢性期、終末期の患者さんが入院されています。尿路変更に伴うストーマ管理や透析に関わる指導など各科の専門性を求められ、スタッフみんなで学習を重ねています。
     複数の健康障害や生活障害を持った患者さんも多く、院内の様々な専門チームにサポートを受けながら健康の回復、社会復帰に向けて日々のケアを行っています。経過の長い患者さんが多いため、退院してからも病棟に元気な顔を見せてくださる方も多く、患者さんの笑顔からたくさんのパワーをいただいています。

    ページの先頭へ

  • 7東病棟

    外科、形成外科

    写真:7東病棟  7東病棟は外科・形成外科の混合病棟です。手術などの急性期から、治療のため入退院を繰り返す慢性期の患者さんまで、多くの側面からより良い医療を提供できるよう日々努力しています。
     「多職種の専門性を活かしたチーム医療」を目標に掲げ、院内外の学習会や研修会に参加して知識を深めることはもちろんですが、医師、薬剤師、MSW、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、看護の分野では皮膚排泄ケア、がん化学療法看護、救急看護、重症集中ケアなどの認定看護師と協働して、安全・安楽にそして専門的な医療を目指しています。

    ページの先頭へ

  • 7西病棟

    消化器内科、耳鼻咽喉科

    写真:7西病棟  当病棟は、急性期から終末期までの患者さんが入院されています。
     昨年度、愛知県がん診療拠点病院に認定され、院内外のがん看護研修へ参加し知識の向上に努めています。スタッフ全体でより良い看護を目指して、毎日カンファレンスで話し合い、困ったことはお互い助け合える姿勢で毎日頑張っています。また、患者さんが安心して療養できるよう医師、薬剤師、緩和ケア認定看護師、がん化学療法看護認定看護師とともに連携しています。
     新人教育においては、個人に合った指導案のもと教育し、指導者と新人がともに成長できることを目標としています。

    ページの先頭へ

  • 6東病棟

    リハビリテーション科、糖尿病・内分泌内科

    写真:6東病棟 「多職種で協働し安全・安楽で安心な医療サービスを提供します」を病棟理念にチーム医療に日々取り組んでいます。当病棟は、在宅や社会復帰に向けてリハビリに励む脊髄損傷や頸髄損傷の患者さん、糖尿病の疾患教育や食事療法、インスリン導入などの患者さん、幅広い年齢層の患者さんが入院されています。基本的な知識・技術の習得ができ、多職種の方々から専門的な学びも得られ、スキルアップが図れる病棟です。
    細やかなケアの一つ一つが成果として現れ、「やりがい」が得られます。忙しい病棟ですが、その忙しさをカバーする多職種のチームワークの素晴らしさが病棟の宝です。

    ページの先頭へ

  • 6西病棟

    神経内科、脳神経外科

    写真:6西病棟学習会の様子

     当病棟は、脳卒中や頭部外傷、神経難病など神経疾患の患者さんが入院されています。術後の急性期から亜急性期、慢性期、終末期まで幅広い視点で看護を行っています。
     リハビリカンファレンスや退院調整カンファレンスなど他職種と連携をはかり、医療スタッフ全員で患者さんの退院後まで見据え関わっています。病棟には、摂食・嚥下障害看護認定看護師と脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が所属しており、スタッフと共に早期から機能回復を目指し取り組んでいます。

    ページの先頭へ

  • 5東病棟

    整形外科、歯科口腔外科・口腔インプラント科

    写真:5東病棟  当病棟は、手術などの急性期と保存療法を目的とした検査・処置を行う患者さんが入院されています。
    整形外科は、脊椎疾患患者が対象です。疼痛や痺れを主訴に入院する患者さんは、薬物療法や症状の緩和状況、生活の不自由さなどを考慮に入れて医師と今後の方向性を相談しています。手術後は、職場復帰や家庭での生活に関して話しを聞き、退院指導を行っています。脊椎損傷患者さんも多く、障害受容に伴う精神面へのケアや、日常生活援助、社会復帰に向けた支援も重要です。
    口腔外科は智歯の抜歯や嚢胞摘出・インプラント手術の患者さんが対象です。今後顎間形成術も導入されます。 患者さんの気持ちに寄り添うことのできる看護を目指し、スタッフが一丸となって頑張っています。

    ページの先頭へ

  • 5西病棟

    呼吸器内科、呼吸器外科、眼科、心療内科

    写真:5西病棟

     当病棟には、肺がん、肺炎、COPD、気胸、喘息等の肺疾患の患者さんが入院されています。平成28年7月から呼吸器内科、呼吸器外科が同フロアとなり『呼吸器病センター』となりました。内科と外科の総合力のアップにより肺がんの検査から診断、手術等の治療がすべて呼吸器センターで完結することが病棟の特徴です。
     眼科は主に白内障の1泊手術を実施しています。入院当日に手術をしますので、患者さんの不安が最小となるように努めています。
     心療内科は患者さんが安心して療養できるよう環境調整を行っています。
    患者さん一人ひとりの思いに寄り添えるような医療を目指して、医師、看護師、薬剤師などがチームとなって診療に努めています。

    ページの先頭へ

  • 4東病棟

    産婦人科

    写真:4東病棟  当病棟は女性の病棟です。私たちは女性のライフサイクルに合わせた安全で安心できる医療を提供できるよう、医師や薬剤師をはじめ他の医療スタッフと協働しながら患者さんを支援させていただきます。また、明るい家庭的な雰囲気を大切にした、患者さんやご家族との関わりを心がけています。
     特に、妊娠・出産では産前に母親教室や両親学級、マタニティーヨガを取り入れています。そして、産後は母乳育児のための支援や生後2か月からのベビーマッサージの開催など、産前・産後を通してのケアをさせていただいています。

    ページの先頭へ

  • 4西病棟

    整形外科、小児科

    写真:4西病棟

     整形外科の主な疾患は、膝・股間節の置換術や外傷・骨折です。緊急入院患者が多く、青年期から老年期まで幅広い年齢層の患者さんが入院しています。術前術後の急性期からリハビリテーション・回復期まで、患者さんの安全に留意しながら機能回復に向けた看護を行っています。
     小児科は子供が楽しんで遊び、学習できる環境が整っています。産婦人科と連携して未熟児が入院できるユニットも完備 しています。可愛く、癒しある設備が自慢です。

    ページの先頭へ

  • 3西病棟

    循環器内科

    写真:3西病棟  当病棟が位置する3階西病棟は、同じフロアに心臓カテーテル室、手術室、ICUが併設され、命を預かる循環器科として一刻を争う状況に対応できる環境が整っています。
     私たちは心臓カテーテル検査・治療、ペースメーカー植込術を受ける患者の看護、冠動脈バイパス術・弁置換術など心臓血管外科手術前後の患者さんの看護、心筋梗塞、心不全、重症不整脈の患者さんの看護を担当しています。
     患者さんは高齢者が多く、80歳以上の方が4割を占めます。患者さんの活動レベルにあった生活援助ができるように理学療法士等と情報交換しながら早期自立に向けたケアを行っています。

    ページの先頭へ

  • ICU

    写真:ICU ICU・CCUは手術後や心臓カテーテル治療後、また救急外来や病棟から重症患者さんが主に入室されます。生命の危機状態にある患者さんや、侵襲を受け、一時的に医療依存度が高くなる患者さんに幅広い知識と技術をもって看護を提供しています。
     人間の生体反応や病態生理の知識を深め、患者さんの状態をアセスメントする力が必要です。また、様々な診療科に対応するため、いろいろな疾患の学習ができます。平均在院日数が約2.5日という短い中でも、患者さんの生命の安全を守り、安心できる環境の提供を目指し日々ケアを実践しています。

    ページの先頭へ

  • 手術室

    写真:手術室私たち手術室看護師が最も大切にしていることは、「患者さんの安全と安心」です。手術は医師や看護師だけではなく、放射線技師や薬剤師、臨床工学技士など様々な職種がチームを組み、一人ひとりの患者さんの手術を支えています。チームの連携を図り、事例検討会の開催や手術・麻酔の知識を深め、よりよい看護につなげるために学習会を行っています。また私たちは手術室だけではなく、直接ベッドサイドへお伺いしています。術前訪問や術後訪問を積極的に行うことで、患者さんが手術に安心して臨めるように取り組んでいます。

    ページの先頭へ

  • 透析室

    写真:透析室

     透析室では、透析導入から通院中の維持透析患者、全科を対象とした血液透析が必要な患者さんへの透析治療と看護を提供しています。
     慢性腎不全や糖尿病性腎症など慢性疾患による食事制限や高齢化にともなうADLの低下等により介護問題が表面化することもあります。私たちは、様々な問題に対し患者さんと共に話し合いまた、栄養士・薬剤師・MSWなど他部門と協同しながら看護を実践しています。
     患者さんが治療に前向きに参加し、安全で安楽な看護を提供出来るように取り組んでいます。職場は、スタッフや患者さんに笑顔があふれる和やかな職場です。

    ページの先頭へ

  • 外来

    写真:外来 外来は21診療科と、内視鏡室、透視検査室、中央処置室、外来化学療法室等の検査、治療部門があります。看護師、看護助手、クラークを合わせて80名以上のスタッフで、患者さんの受診、検査、治療が安全・安楽に行われるように、医師や医師事務補助、事務部門など多職種で協力しながら毎日頑張っています。
     通常の予約診察の方の他に、体調不良で緊急受診される方や、診察待ちの間に体調不良になる方などのトリアージを行いながら診察介助を行います。
     当院を退院され、継続的な支援が必要な患者さんやご家族には、病棟看護師と連携し、外来での担当看護師を決めて、在宅療養生活を行えるように取り組んでいます。

    ページの先頭へ

  • 救急外来

    写真:救急外来

     救急外来は、主に1次・2次救急患者さんを受け入れています。しかし、心肺停止状態や急性心筋梗塞・脳卒中など重篤な患者さんも搬送され、緊急手術や緊急心臓カテーテル検査、脳梗塞急性期治療の適応となることもあります。これらの治療は時間との勝負となるため、必要な情報を得つつ、診察を進め、準備を整え速やかに治療に入れるよう、医師・看護師が協力しながら患者さんに対応しています。

     また突然の発症で救急外来を受診される患者さんやご家族は、多くの不安をかかえています。そのため、症状観察や診療介助を行う中で、患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、迅速かつ丁寧な対応に心がけています。

ページの先頭へ