1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 病院のご紹介
  3. 院長あいさつ

院長あいさつ

概要・病院情報・沿革

当院は昭和30年に労働災害・職業病治療を目的として創設されました。以来、産業構造の変化、社会構造の変化、また何よりも地域のニーズに応えるべく急性期医療を担う総合病院に進化してまいりました。そして今日、勤労者医療はもちろんのこと、一般医療、さらには災害から救急医療まで幅広く社会に貢献できる、また開かれた、親しみのある地域の中核病院をめざしています。

急激に進む超高齢化社会を迎えて、病気の主体は「生活習慣病」を代表とする「慢性疾患」になりました。そこで当院では医師、看護師、薬剤師、医療技師、事務員など全職員が協力し、患者さんに質の高い最適な治療を安心して受けて頂けるよう努めてまいります。

一方、「生活習慣病」を代表とする「慢性疾患」の医療は当院だけで完結出来るものではありません。かかりつけ医の先生方、療養型施設との強固な連携が必要です。そのため当院では今後も、患者さん・市民の皆様方とも健康・医療情報を共有し、地域での予防・医療・介護体制の構築に協力していきたいと思っています。

さらに当院は今後、高度な急性期病院(災害・救急体制ならびにがん診療体制の充実)、社会が求める医療(地域医療のさらなる充実と介護・福祉への協力)、そして大学など研究機関と連携した高度先端医療の開発をめざします。

ページの先頭へ